実況2ch

錦織に日本からも応援
9月7日 6時45分

東京・新宿にあるスポーツバーは、決勝進出をかけて戦う錦織選手をテレビを通じて応援しようと30人余りのファンで満員となりました。

積極的に攻め続けた錦織選手が互いに1セットを取って迎えた第3セットをタイブレークの末に7ー6で奪うと、固唾をのんで見守っていたファンから大きな歓声が上がりました。そして、第4セット、錦織選手が激しい打ち合いの末にマッチポイントを迎えると、一斉に「あと一本」という声が上がります。最後は錦織選手がゲームをブレークして世界ランキング1位のジョコビッチ選手を下すと、ファンたちは興奮を抑えきれない様子でハイタッチをしたり抱き合ったりしていました。
仕事を終えてから来たという71歳の女性は「本当に幸せな気持ちです。歴史的な瞬間に立ち会うことができて感激しています。絶対に優勝してほしいです」と話していました。また、30歳の会社員の男性は「きょうの錦織選手は落ち着いていて神がかったプレーでした。勝つと信じていたのでとてもうれしいです。決勝も必ず応援したいと思います」と話していました。さらに、26歳の会社員の女性は、「錦織選手のプレーがすばらしすぎて今も心臓がどきどきしています。決勝でも勝ち、これから日本人で初めてのグランドスラムを目指して頑張ってほしいです」と話していました。
ふるさと松江では

錦織圭選手の出身地の松江市ではホテルに大型スクリーンが設置され、錦織選手が所属していたテニススクールに通う子どもやコーチのほか、地元の人たちなどおよそ300人が集まりました。会場にはメッセージボードが設置され、子どもたちが「錦織選手がんばれ」とか「目指せ世界一」と錦織選手への応援メッセージを書き込んでいました。
試合が始まると、集まった人たちは大型のスクリーンの前で試合を見守り、錦織選手が第1セットを奪うと大きな拍手が起こりました。錦織選手がセットカウント2対1とリードして第4セットを迎えると、会場は一段と盛り上がり錦織選手がポイントを奪うたびに歓声が沸き起こりました。そして、錦織選手が勝って決勝進出を決めた瞬間、集まった人たちは、立ち上がって大きな歓声を上げ、握手をしたりハイタッチをしたりして喜びを分かち合っていました。
試合を観戦した小学生の男の子は「うれしいです。勝ってくれると信じていました。ここまできたら優勝して欲しいです」と話していました。錦織選手を中学1年生まで指導していた地元のテニススクールの柏井正樹コーチは「感動しました。相手にうまくプレッシャーをかけられたのがよかったと思います。あと一試合勝って優勝して欲しいです」と笑顔で話していました。

続きを読む

広島の大規模土砂災害 死者39人不明7人に
8月21日 6時35分

局地的な豪雨で広島市内の各地で住宅が土砂に巻き込まれる被害が相次ぎ、警察によりますと、新たに3人の死亡が確認され、これまでに死亡が確認されたのは39人となりました。
このほか、7人の行方が分からなくなっていて、警察や消防が捜索を進めています。

このうち、広島市安佐南区の八木地区では、住宅の裏山が広い範囲にわたって崩れ、複数の住宅が土砂に巻き込まれる被害が出ました。
警察によりますと、八木地区では、左官の鳥越勇司さん(46)と、星野藤夫さん(79)、真鍋美千子さん(68)が死亡するなど、これまでに25人の死亡が確認されたほか、5人が行方不明になっているということです。
また、安佐南区の緑井地区では、岡村健二さん(89)と澤本範子さん(77)、それに、広島市都市交通部長の竹内重喜さん(54)が死亡するなど、合わせて8人が死亡、1人が行方不明となっています。
消防によりますと、緑井地区では、住民から「10棟前後あった建物がなくなっている」という通報が入っているということで、消防が現場で確認をしようとしていますが、近づくことができない場所もあるということです。
安佐南区の山本地区では、住宅の裏山が崩れて子ども2人の行方が分からなくなり、消防が捜索した結果、平野都翔ちゃん(2)と、兄の平野遥大くん(11)の兄弟の死亡が確認されました。
さらに、安佐北区の可部東地区では、安佐北消防署の消防司令補、政岡則義さん(53)が、被害に遭った住宅での救助活動中に死亡し、政岡さんが救助しようとした畑中和希ちゃん(3)も死亡するなど、合わせて3人の死亡が確認されました。
安佐北区の可部町桐原では1人が死亡、安佐北区の三入南でも1人が行方不明となっています。
これまでに確認された広島市内での死者は39人、行方不明者は7人となっています。
局地的な豪雨で住宅が土砂に巻き込まれる被害が相次いだ広島市安佐南区では行方が分からない人の捜索が続けられています。
このうち、5人の行方が分からなくなっている安佐南区の八木地区では、自衛隊員およそ40人が投光器などを使って夜を徹して捜索活動にあたりました。
自衛隊員は、被害に遭った住宅からスコップで土砂を取り除きながら、人が巻き込まれていないか確認を進めていました。
警察と消防、それに自衛隊は、21日の日中もおよそ2500人態勢で特に被害が大きい広島市安佐南区の緑井や八木地区を中心に捜索を続けることにしています。

続きを読む

沖縄 辺野古沿岸部でボーリング調査開始
8月18日 12時15分

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄防衛局は移設先とする名護市辺野古沿岸部の海底の地質を確認するボーリング調査を18日昼前に始めました。
これによって移設計画は新たな段階に入り、市民グループなどが中止を訴えて抗議しています。

普天間基地の移設先とする名護市辺野古沿岸部では、沖縄防衛局が17日、陸地に近い浅瀬に海底のボーリング調査を行うための足場を設置しました。
そして18日午前11時すぎに、サンゴ礁を含む岩礁を掘削する調査が始まりました。
また午前11時半ごろには、埋め立て予定地に含まれるアメリカ軍キャンプシュワブの砂浜でもボーリング調査が始まりました。
このボーリング調査は、辺野古沿岸部の21の地点を掘削して地盤の強度などを調べるもので、埋め立て工事を行うために不可欠な手続きです。
普天間基地の移設計画で、移設を前提とした沿岸部の掘削を伴う調査が行われるのは今回が初めてで、計画は新たな段階に入ったことになります。
これに対し、埋め立て予定地に隣接するアメリカ軍キャンプシュワブの前では、反対する住民や市民グループのメンバーなど100人余りが集まり、計画の中止を訴えています。
ボーリング調査は10年前の平成16年にも当時の計画に基づいて行われましたが、激しい抗議活動などで掘削の前に中止となった経緯があり、今後、反発が強まることが予想されます。

韓国検察 産経新聞支局長を事情聴取
8月18日 12時06分

産経新聞のコラムが韓国のパク・クネ大統領の名誉を傷つけたとする市民団体の告発を受けて、韓国の検察が18日、コラムを執筆したソウル支局長に出頭を求めて事情聴取を始めました。
産経新聞は、「コラムが問題視されたことは理解に苦しむが、捜査には真摯(しんし)に応じる」としています。

これは、今月3日に産経新聞のウェブサイトに掲載されたソウル支局長によるコラムで、ことし4月16日の旅客船沈没事故当日にパク・クネ大統領が7時間、所在不明になっていたとする韓国の新聞「朝鮮日報」のコラムや国会でのやり取りを紹介し、大統領と緊密な関係にあったとされる人物についてのうわさなどを伝えています。この記事について、韓国大統領府は、産経新聞のソウル支局に抗議するとともに、民事と刑事の双方で法的措置をとるという姿勢を示していました。
こうしたなか、ソウル中央地方検察庁は、コラムは大統領の名誉を傷つけているとする韓国の市民団体の告発を受け、18日、コラムを執筆したソウル支局長に出頭を求めて事情聴取を始めました。
これについて産経新聞は、「コラムが問題視されたことは理解に苦しむが、捜査には真摯に応じる。韓国司法当局が民主主義国家の根幹である報道の自由、表現の自由に照らし合わせ、公正に判断されることを期待する」という小林毅東京編集局長のコメントを出しました。

続きを読む

このページのトップヘ