実況2ch

(関連)
 女性用下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパン(東京)は17日、女性活躍推進法の施行などを受け、女性の活躍をモチーフにしたブラジャー「輝き女子ブラ」(非売品)を発表した。光に照らされると色が変わるビーズをカップ部分にあしらい、肩ひもには1カラットのダイヤモンドを付けた。
 ビーズは、色が変わる素材を研究している福岡県工業技術センターなどの協力で取り入れた。「女性が社会で一層輝けるよう願いを込めた」(担当者)としている。
 トリンプは年2回、流行や世相などを反映したオリジナルのブラジャーを発表している。
 当初は4月に発表する予定だったが、熊本県を中心にした地震に配慮して延期していた。

女性の輝き、ブラで表現 トリンプ、肩ひもにダイヤ - 読んで見フォト - 産経フォト
http://www.sankei.com/photo/story/news/160517/sty1605170004-n1.html

続きを読む

NHK総合を常に実況し続けるスレ 116916 田中美海

268 :公共放送名無しさん:2016/01/05(火) 07:20:38.00 ID:otxKaOPq
番組宣伝w

271 :公共放送名無しさん:2016/01/05(火) 07:20:38.81 ID:kznMJRLO
ばんせん

272 :公共放送名無しさん:2016/01/05(火) 07:20:38.85 ID:sico0TFl
番宣

続きを読む

(関連)
時事ドットコム:携帯料金見直しに強硬姿勢=総務相、「法規制」も言及
 携帯電話料金の引き下げをめぐり、高市早苗総務相がNTTドコモなど携帯大手3社の対応を強く迫っている。総務省の有識者会議が12月中にまとめる提言を見極めてから、大手3社は料金見直し策を明らかにする構え。引き下げ効果が不十分な場合、総務相が最近言及した法律による料金規制の議論が動きだす可能性がある。
 家計の通信費負担は過去10年間で約2割増えており、安倍晋三首相が軽減策の検討を求めた。10月に始まった有識者会議の議論では、データ通信の利用が少ない人には割高なスマートフォンの料金プランや、携帯電話の契約先を乗り換える人に対する端末料金の割引・現金還元の在り方などが問題視されている。
 有識者会議の意見聴取に呼ばれたドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの大手3社の役員らは、過度な現金還元の見直しや、利用者のニーズを踏まえた料金プランの改善を検討すると表明した。
 大手3社の検討表明について高市氏は、「端末料金と通信料金の一体化で、利用者に分かりにくくなっているという問題意識は共有できた」と一定の評価を示した。ただ、端末料金の値引きに上限を設ける必要性にも言及。さらに韓国政府が端末の値引きを法律で規制し、通信料金の低下につなげた例を引き合いに、最終手段として「法律による対応も除外しない」と踏み込んだ。(2015/11/23-14:57)


続きを読む

このページのトップヘ