実況2ch

米共和党 下院で多数派維持へ 上院も勢い
11月5日 11時12分

アメリカの今後の政治の行方に大きな影響を与える連邦議会の中間選挙は開票が進み、野党・共和党が下院で多数派を維持する見通しになりました。
一方、焦点の上院では共和党が順調に議席を伸ばしていて、勢いを見せています。

上院100議席のうち36議席と、下院の435議席すべてが改選されるアメリカ議会の中間選挙は開票作業が進んでいます。
ABCテレビによりますと、これまでのところ下院で、与党・民主党の候補者126人と野党・共和党の候補者205人の当選が確実になりました。
一部の州では現在も投票が続いていますが、開票が進んでいる西部の州でも共和党が票を伸ばすことが予想され、共和党が、これまで確保した議席に今後獲得が見込まれる議席を加えると過半数に必要な218議席を上回り、多数派を維持する見通しになりました。
この結果、オバマ政権や民主党が進める法案や予算案が議会で通りにくい状況が続くことになり、オバマ大統領としては引き続き厳しい政権運営を強いられることが予想されます。
一方、上院ではこれまでに、民主党の候補者8人と共和党の候補者16人の当選が確実になり、改選されない議席も合わせて、民主党が42議席、共和党が46議席を確保する見通しだということです。
このうち共和党は、南部ウェストバージニア州と中西部サウスダコタ州、それに西部モンタナ州の3つの州で、新人どうしの争いの結果、民主党から議席を奪うことが確実となりました。
さらに共和党は、接戦が見込まれた州のうち南部ケンタッキー州に加えて南部アーカンソー州も制し、順調に議席を伸ばしていて、勢いを見せています。
これに対し民主党は、東部マサチューセッツ州を制したほか東部ニュージャージー州などで現有議席を固めました。
また、民主党は接戦が見込まれた東部ニューハンプシャー州を制しました。
一方、接戦州の1つ南部ルイジアナ州は、いずれの候補者も州の法律で定められた投票総数の過半数の票を獲得できない見通しだとして、来月6日に上位2人による決選投票が行われることが確実になりました。
オバマ大統領の支持率が過去最低の水準に落ち込むなか、苦戦を強いられている民主党が上院で多数派を維持できるかが焦点です。

続きを読む

特定秘密保護法 官邸前で抗議の集会
10月14日 11時48分

特定秘密保護法の運用に関する統一基準が閣議決定されたことについて、総理大臣官邸前では、弁護士らが集会を開き、パブリックコメントで国民から寄せられた懸念の声を基準に反映させるべきだと訴えました。

総理大臣官邸前には午前8時ごろ20人余りが集まり、海渡雄一弁護士が、「統一基準には多くの課題が残されたままで、閣議決定を急ぐのは問題だ」と訴えました。統一基準について政府が実施したパブリックコメントでは、政府に都合の悪い情報が特定秘密に指定されかねないとかチェック機関の独立性を確保する具体的な仕組みが示されていないといった懸念の声も寄せられました。このため専門家からは、特定秘密保護法の施行までに最大限の修正を検討すべきだといった指摘も出ていました。
14日の集会で、参加者は、「国民の知る権利を奪うな」とか「情報を隠すな」などと訴えていました。
参加者の1人は、「パブリックコメントで多くの意見が出たのに政府は微修正で済ませている。せめて12月の施行を延期し、国会で議論を尽くしてほしい」と話していました。

続きを読む

日本人3人受賞で新聞号外
10月7日 22時22分

日本人3人のノーベル物理学賞の受賞が決まったことを受けて、JR渋谷駅前では、午後8時すぎから新聞の号外が配られました。

号外には、3人の名前や顔写真とともに、青色LEDを開発したことなどこれまでの実績が記されていて、帰宅途中の人などが次々と受け取っていました。
号外を受け取った20代の会社員の男性は、「日本の技術力の高さを改めて感じました。本当にすごいと思います」と話していました。
また、30代の会社員の男性は、「日本人が受賞して驚きました。身近な製品にも生かされている技術なので、自分たちが製品を買ったお金が研究者たちに還元されて、さらに研究を進めてもらえればうれしいと思います」と話していました。

赤崎氏の出身小学校も喜びの声
10月7日 22時22分

赤崎さんは、ことし2月には母校の鹿児島市の大龍小学校の創立130周年に合わせて記念講演を行ったということです。
大龍小学校の山口幸彦校長は「この小学校出身の教授がノーベル賞を受賞したのは大変喜ばしいことです。あす、子どもたちにも伝えたいと思います。伝統ある学校なので、子どもたちもその伝統を受け継いで今後も頑張ってくれると思います」と話していました。


続きを読む

このページのトップヘ